上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年3月13日

東北地方太平洋沖地震発生から日が経つにつれ
私達の想像を絶する被害の大きさに胸を痛めている方達が
沢山いると思います。

被害に遭い亡くなられた方達のご冥福と
被災地にいる方達が少しでも早く安心して暮らせるよう
被災地の早急な復興を願うばかりです。


タックが東北地方に住んでいる事を知っている方から連絡を頂き
ユーザーさん家族もタックも無事でいるというメッセージを知り
本当に安心しました。
しばらくは避難所生活が続くと思いますが体調に気をつけて
過ごして欲しいと思っています。

コピー ~ DSC02689

タックの他にも、協会の盲導犬達が被災地でユーザーさんと暮らしています。
皆さん無事が早く確認されますように。。。。


そして。

13日はつぼみの訓練見学の為、盲導犬協会に行って来ました。

つぼみの事はまた日を改めてUPしたいと思いますが
訓練を受けるつぼみはとっても元気でパピーの頃と変わらない
ハイパーつぼみのままでした。

訓練をする時と訓練後のオン・オフはしっかり出来るようですが
オフの時のイタズラが…困ったちゃんのようです。

そんな頑張るつぼみの姿に涙腺が緩みっぱなしの私でした。
スポンサーサイト
2010年10月10日

2年前の委託終了式の日にタックが協会に帰ってから
歩行訓練の見学やオープンデーの時に遠くから
タックを見た事はあったけれど、会う事はなく…
でも、それは当たり前の事だと自分で納得していたので
盲導犬としてタックがデビューをした事を聞いてからは
引退後に一緒に暮らせる日まで元気でいてくれたら。。。
と、いう気持ちでいました。

ですが、今回縁があってタックのユーザーさんと知り合う事が出来
会う事はないと思っていたタックにも会う事が出来ました。

とっても嬉しい出来事ですが
この事をブログに書くか最初とても悩みました。

私のようにユーザーさんと知り合い
盲導犬デビューしたパピーと会える人はかなりラッキーな事で
会えない事が普通だと思ってもいいぐらい
今回の事が特別な事だったからです。

そして、もし現在パピーウォーカーをしている方や
パピーウォーカーをしていたパピーが訓練中の方が
偶然私のブログを読んで
「私だってパピーに会いたい!」
「会わせてくれるようユーザーさんに言って手配して欲しい!」
などの要望などが協会に入り
協会の方やユーザーさん達に迷惑がかかっては困る。

との考えから、とっても考え悩みましたが
今まで私のブログでタックの事を応援し、
温かい言葉や励ましの言葉をくれた方達へのご報告という事で
タックとの再会の事を書く事にしました。

コピー ~ DSC02689

タックとの再会。

当初は、ユーザーさんとタックがパートナーになって日が浅いこと。
その上諸事情でしばらく離れて暮らしていた事もあり
私はタックと直接会わない方がいいという意見もあったみたいで
会うのはユーザーさんとだけで、タックには離れた場所から見て貰いましょう
とういう事だったらしいのですが
ユーザーさんが訓練士さんと色々話してくれたみたいで
私も一緒に外出する時に、当初の予定とは違い、
タックを連れて会いに来てくれました。

2年ぶりに会ったタックは
最初私の事を見ても誰だか分からなかったみたいです^^;
しばらく時間が経ってから
「もしかしてmokko?」という表情で私を見てくれたような…気のせいかな?

でも、タックの中ではタックの家族はユーザーさんという事が
きちんと理解できていて、数ヶ月ぶりの再会にも係らず
ユーザーさんとタックはずっと一緒にいるような信頼し合えている関係なのが
伝わってきました。

タックの担当訓練士さんが
タックのユーザーさんはタックが何か失敗しても感情的に怒る事がなく
むしろタックと一緒にどうすれば良いのか悩み、励ましてくれ
上手く出来た時はいっぱい褒めてあげる
盲導犬の気持ちを理解してくれる素晴らしい方だと教えてくれました。

どちらかというと気が小さくて、何事も焦ってしまいがちなタックを
上手くコントロールして一緒に歩いているユーザーさんの姿を見て
ふたりの絆の深さが感じ取れました。

その日の夜ユーザーさんの家族と訓練士さん
ユーザーさんと私と繋げてくれた方達と一緒に夕食を食べた時は、
あまりの嬉しさにいっぱい食べ、いっぱい飲み、いっぱいお喋りをし。。。
酔っ払ってしまい夜中に大変な目に合いました><

ユーザーさんが自宅に帰る日は
息子も一緒に協会に行き、お見送りをしたのですが

私の時は反応が薄かったタックだけど
息子の姿を見た途端物凄く喜んで体をフリフリ
なので、ちょっとだけ触れ合わせてもらい
今までずっとタックの事が気になっていた息子も
ようやく安心できたみたいです
(息子の気持ちが残らないよう
歩行訓練もオープンデーも連れて行かなかったので)

コピー ~ DSC02694

盲導犬タック号は我が家にいたパピーの頃と比べ
顔つきもすっかり変わってしまい
立派な盲導犬の顔をしていました。そして
思っていた以上に美人さんになっていました♪
心から信頼し合えるユーザーさんの家族になった事が
タックをより成長させてくれたのだと思います。

ユーザーさんと盲導犬タック号のこれからの生活が
素晴らしいものになりますように。。。

最後に
今回ユーザーさんと私とを繋げて下さった
Kさんとユーザーさんのご主人と
タックと会う事に色々配慮してくれた訓練士さん
本当にありがとうございました。
2010年7月19日

今日はタックの3歳のお誕生日です♪

DSC06845.jpg

委託式の日に、BWさんから「この仔はお顔がちょっとね…」
と、渡されたタックは何だか情けない顔の女の仔でした。

DSC03840.jpg

体が小さくて、耳も小さくて、超臆病で
でも、講習会では早く帰りたくってリードを引っ張り
私の足も噛んでしまうような仔だったけれど
協会に帰ってからは頑張って訓練を受け
とっても優しい素敵なユーザーさんと出会う事ができ
盲導犬としてデビューすることが出来ました。

優しいユーザーさんと出会い
幸せに暮らしていることが分かった今でも
私にとってタックは大切な私の仔で
今でもタックを想うと涙があふれてきます。。。

でもね
タックにとって今大切な家族は私じゃないのですよね

だから
タックはユーザーさんとの生活を
いっぱいいっぱい楽しんで
9年後に我が家に帰って来る日まで
お互い元気で頑張ろうね!

DSC07600.jpg

タック。
3歳のお誕生日おめでとう♪

今は私の事忘れていていいけれど
9年後に会った時は、私達の事想い出してね!
ずっとずっと大好きだよー^^
2010年7月4日

コピー ~ DSC01715

こんにちは♪ワタシは盲導犬タック号です

ワタシは去年の11月に盲導犬デビューして
東北でユーザーさんと楽しく暮らしていたんだけど
今ちょっと事情があって、盲導犬協会に帰ってきているの。
優しくってワタシのことを1番理解してくれている
大好きなユーザーさんがいなくって、とっても寂しいけれど
元気になってワタシのこと迎えに来てくれる日まで
しばらくの間はガマン、ガマン!の毎日です。

いつもは訓練士さん達しか来ない犬舎だけど
今日はお昼頃から犬舎の入り口の方で
沢山の人の声が聞こえてきたの。
何があるのかな?と思っていたんだけれど
入り口が静かになって少し経った頃
元気な女の人の声が聞こえてきたの
この声は誰の声だろう?思い出せないけれど
どこかで聞いた事があるような懐かしい声だったなぁ。。。

しばらくして、訓練士さんがワタシの写真を撮りに来たの
大好きな訓練士さんが来たから嬉しくって近づいたり

コピー ~ DSC01713
コピー ~ DSC01714

お腹だして甘えていたから、上手く写真撮れなかったかも

コピー ~ DSC01717

ワタシの写真はユーザーさんに送ってくれるのかな?
訓練士さん、ユーザーさんに
早くワタシの事迎えに来てね♪って伝えておいてね^^

でも。。。
あの声誰の声だったかなぁ。何だか気になるなぁ。。。

    

私にとって初めてのパピーのタック。
去年の11月に盲導犬デビューをし、元気に暮らしている事を
担当訓練士さんから聞いてはいましたが
いつも気になっていました。

でも、パピーウォーカーが盲導犬デビューしたパピーと
会える事は、あまりない事みたいなので
私も次にタックに会えるのはタックが盲導犬を引退してから…
と思っていたのですが

つい先日、久しぶりに会った方と
タックの事を話したら、その方が
もしかして私の知り合いの奥さんかも!
という事で、その方を紹介して頂き
連絡を入れてみたら。。。

その方はタックのユーザーさんのご主人でした!

そして

ご主人を通して、ユーザーさんを紹介して頂き
連絡を取り合う事ができたのです。

その間わずか1日です

私にとってはキセキの出会い
こんな事って本当にあるのですね

それで

ユーザーさんとご主人から
タックが一時的に協会に帰ってきていると聞き
時間があればタックと会って下さい
と、とても嬉しいお申し出を頂いたのですが

残念ながら、タックはユーザーさんと暮らし初めて
数ヶ月でユーザーさんと離れて暮らす事になって
寂しい思いをしているところなので
今、私と会う事はタックには良い事ではないので…
という事で会う事は出来ませんでしたが
訓練士さんがタックの写真を撮ってきてくれました。

タックと会えなかった事は残念だったけれど
今は寂しい気持ちはありません。

タックのユーザーさんがどんなに素敵な人かって
頂いたメールの文章からも充分伝わってきたから。

何よりも初めてのメールでご主人から
「とてもよい子に育てていただき感謝しています」
の言葉が、いつまでもタックの事を思い出し
泣いてばかりいた私の気持ちを救ってくれました。

こんな素敵な出会いのきっかけをつくってくれた
Kさん。本当にありがとうございました。

そして、タックに会えなくて残念そうな顔をしていた私に
「でも、今タックちゃんにmokkoさんの声聞こえてますよ~
 きっと犬舎の中で喜んでますよ~」
と、優しい声を掛けてくれた職員さん
ありがとうございました。

盲導犬タック号の愛情のバトンタッチはまだまだ続いています。
2009年12月9日

毎日寒いですねぇ。

私の住む地区は、この冬まだ雪らしい雪も降っていなくて
まだアスファルトも見えているのですが
たぶん、毎年降る雪の量ってそんなに変わらないって
テレビで言っていたので
年内にドカーンと大雪は降って一気に根雪になるのかな?
と今から憂鬱に感じています。

さてさて

何をするにも腰が重く
ギリギリにならないと行動できないグウタラな私ですが
新しい年に向けてもう早準備した物があります。

その物とは、北海道盲導犬協会のパピーや繁殖犬、老犬達の載ったカレンダーです♪
DSC02775.jpg

【盲導犬寄付金付】盲導犬カレンダースマイル
↑HPのトップ画面のスライド写真にもタックが写っています♪

カレンダーの表紙をめくり、裏側にタックが♪
DSC02777.jpg
周りの景色からみて、今年の夏頃に撮影された物だと思います。

カレンダーは月ごとに
パピーちゃんや繁殖犬、老犬達が名前付で載っていて
つぼみのママリンちゃんや、リンちゃんの家のパピーちゃんだったスーちゃん
タックと同期の繁殖犬カレンちゃんも載っています。

そして、その中にハーネスを着けた名前の載っていない犬達(訓練犬達です)がいて
その中の10月にはタックが載っているのです♪

DSC02782.jpg

写真のラブは全部タックです~(嬉)

DSC02783.jpg
DSC02784.jpg

写真を見ながら
「こんな風に訓練していたんだなぁ。頑張ったんだなぁー」と
何度も何度もカレンダーを見返して…涙…
1日1膳ならぬ1日1回はカレンダーを見ているので
年が明けた頃には私の手垢で汚れきっているかも(苦笑)

DSC02785.jpg

タック。すごくいい顔で歩いていますよね。

きっと今はユーザーさんと一緒にこんな楽しそうな顔をしながら
毎日歩いているのでしょうね。

タックが載っている事を教えてくれたaya-pさん。
ありがとうございました♪
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。