上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この所、精神的にキツイ日々が続いていて夜眠れず…

私は気持ちが弱くなってくると、眠れなくなるので

心も体も弱ってしまいます。

そんな私の最近のお友達は「本」と「映画」でした。

 

眠れぬ夜に観た映画

 

・伝染歌 

   *ホラーだそうですが…ホラーじゃない…都市伝説?何だろう。

  

・エリザベス:ゴールデンエイジ

   *歴史物は学生の時に全く興味が無く勉強しなかったので今になって

     大変興味深く感じる。 

 

・スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師

   *ジョニーデップの映画が好きなので、何も考えず観たら

     かなりグロい画像で…吐いてしまった(お肉食べた後だったかた余計)

 

・セブン

   *モーガンフリーマンが好き。私は俳優で映画を選ぶ事が多いのですが

     映画好きの人には「邪道な奴だ!」と言われます。でもいいのさ。

 

・ブレイブ・ワン

   *テレンス・ハワードが好きで観たけど、これは女性にはかなり重い内容

 

・ゾディアック

   *終わり方が好きじゃない。

 

・旅するジーンズと16歳の夏

   *アメリカ・フェレーラの演技に感動し、泣いてしまった…

     私には無縁の青春映画なのに(苦笑)

 

眠れぬ夜に読んだ本

・森 絵都 「カラフル」    

・湊 かなえ  「告白」    

・鷺沢 萌 「F-落第生」

・西田 深雪 「最後のパートナー盲導犬を引退した犬たち」

・石黒 謙吾 「パピーウォーカー盲導犬のたまごとくらす幸せ」

・水田 茉莉 「涙、ぽろりー盲導犬パピーウォーカー」

・テレニン晃子 「ママからの伝言ゆりちかへ」

・海堂 尊 「ブラックペアン1988」「ジーン・ワルツ」「ナイチンゲールの沈黙」

・山田 悠介 「スイッチを押すとき」

・安達 千夏 「モルヒネ」

 

テレニン晃子さんの「ゆりちかへ」

2005年の秋

妊娠中に脊髄悪性腫瘍を発症し

2006年に出産

その後闘病生活を続けるも

2008年2月逝去

 

「ゆりちかへ」は晃子さんが、そばで成長を見守り続ける事が出来ない

愛娘ゆりちかちゃんへのメッセージを

最初は文章で、体調が悪くなってからはテープに録音しまとめた本です。

この本については思う事が沢山あるので

別に紹介したと思います。

スポンサーサイト

18世紀のパリ。

活気と悪臭に満ちた魚市場で

魚のはらわたの上に産み捨てられた赤ちゃん

ジャン=バティスト・グルヌイユは

何キロ先の「匂い」も嗅ぎ当てる事が出来る

超人的な「嗅覚」の持ち主であった。

グルヌイユは「ある匂い」を求めるあまり

次々と美しい赤毛の女性を殺していく…

 

この映画

内容はヘビーですが(R-12指定)

映像がとても綺麗で

魚市場の映像のシーンなどは「臭い」が画面から伝わってくる

印象を受けます。

 

そして何と言っても

主人公グルヌイユを演じるベン・ウィシャーの演技が素晴らしい!

セリフは少ないけれど、怪しい変態っぷりを

表情だけで伝えてくる雰囲気は…怖かった…

その他のキャストの中で

すたれた香水調合士役のダスティン・ホフマンの

嫌味な演技も良かったけれど

リシ伯爵(でいいのか?)を演じるアラン・リックマン♪

名前だけ聞くと?ですが

映画ハリーポッターシリーズのスネイプ教授といえば

「あ~!」ってわかりますよね。

スネイプ教授は意地悪で何ともいえない悪い人オーラ全開の

役どころですが

リシは勇敢で娘思いのダンディーな父親。

変態チックな映画の中で唯一?まともな人でした。

 

ネットで見ると

「変態ドイツ映画」だの「変態シーンのオンパレード」だの

いろいろ書かれていますが…

私、ドイツ映画好きなので

 

私の勝手な5つ星 ★★★★ 

 

 

大好きな海外ドラマのCSIシリーズ

CSIって科学捜査班で、事件の現場からの証拠品等を科学的に捜査、検証する。

という内容で、ラスベガスのボスグリッソムもニューヨークのボステーラーも

毎回科学捜査しているんですが

マイアミのボスであるホレイショは科学捜査をほとんど(全く?)しないのですよ。

彼は現場の刑事か?っとツッコミを入れたくなる程、銃を持って犯人を追いかけてばかり…

そして何といっても独特のキメポーズがぁ~

後は子供にとっても優しいダンディーさんなボスです。

個人的には好きではないけれど、ホレイショは他のボスと違って異質で

とっても気になる存在です。

 

映画鑑賞が好きな私ですが、時間がないのと子供がいるので

観る映画が限られてしまう。

ので、最近は映画を観るのはもっぱらテレビでです。

 

つい最近観て良かったのはジェーソン・ステーサムが出演している「カオス」

大雑把な内容は

 

大銀行を襲撃し、警察の包囲網を突破して姿を消した犯人(ウェズリー・スナイプス)

を、ベテラン刑事(ジェーソン・ステーサム)と新人刑事(ライアン・フィリップ)のコンビが

追う!けれど、この銀行襲撃には裏があり…な、アクション映画です。

 

でもこれって、デンゼル・ワシントンとジョディー・フォスターが出演している

「インサイド・マン」に何となく似ているような?私だけかな?

例えるなら韓映画の「ボイス」と邦映画の「着信あり」がとっても似ている

゛気がする″みたいな感じにね。

 

けれど「カオス」は何といっても

スーツがとっても似合うナイスガイなジェーソン・ステーサムと

童顔で可愛いライアン・フィリップ、ワイルドなウェズリー・スナイプスの

個性の違う3人がカッコよくて良い!

 

私の勝手な5つ星 ★★★   

 

プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。