スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲導犬サフィー

中部盲導犬協会で訓練を受け、盲導犬となり活躍していたサフィー号が

ユーザーさんと一緒に生活をし、2年が過ぎた2005年9月26日午前10時頃

 

ユーザーさんと横断歩道を歩いて渡っていたとき

右折ししてきた大型トラックがユーザーさんとサフィー号を撥ねました

左側にいたサフィー号は即死、ユーザーさんも全治2ヶ月の重症をおいました。

ユーザーさんは事故当時の記憶はほとんどないそうですが

「サフィーが自分を守ってくれたと思っています、逃げる事ができたのに逃げようとせず

トラックの前で石のように硬くなり自分を守ってくれました」とおっしゃったそうです。

 

その事故から、盲導犬の自賠責補償に対して充分な回答を出さない

建築運送会社に対して、中部盲導犬協会が訴訟を起こしました。

その裁判の席で、建築運送会社の弁護人は

 

「盲導犬は車椅子等の装具と同類とみなし、希少性は無い

 盲導犬を補償するという話しは聞いた事が無い」

 

と、答えたそうです。

 

盲導犬を育てるには年間500万もの経費がかかるそうですが

実際に訓練を受け盲導犬として活躍できる犬はごくわずかで

盲導犬を必要としているユーザーさんに対して、盲導犬の数は

本当に不足している状態です。

 

そして盲導犬になるには

盲導犬協会の職員の方々、繁殖犬ボランティアさん、パピーウォーカーさん

その他のサポートをして下さる沢山のボランティアさん達。

多くの人達が、1匹でも多く盲導犬になれるようにと

将来の盲導犬候補の犬達を育てているのです。

 

盲導犬を「商品」と考えている運送会社の人や弁護士さんに

アイマスクをつけて盲導犬と道路を歩いて欲しい

そして、何も見えない道路で車の音を聞きながら歩く事の

恐ろしさを身をもって理解して欲しい。

それでも「盲導犬は商品」って言えますか?って聞きたい。

 

サフィー号が事故にあった時

ユーザーさんや協会の方はもちろんですが

サフィー号の両親を育てている繁殖犬ボランティアさん

そして、生後50日から沢山の愛情をかけて1年間育てた

パピーウォーカーさんも、とても辛く悲しい思いをしたと思います。

 

私は今パピーウォーカーとしてタックを育てています。

そして、私の職場は建設会社です。

サフィー号の話しを上司にしたのですが

「うちの会社の人間がもし事故を起こしてしまったら、補償するのは当たり前の事

それは人間も犬も同じだよ」と、言ってくれました。

 

今回の事故の加害者である建築運送会社の人は

サフィー号の事をもう一度よく考えて、

二度とこんな悲劇を起こさないよう、充分反省して欲しいです。

 

そして、裁判官の方が常識ある判断をしてくれるよう願っています。

 

サフィー号は当時6歳。

盲導犬としてまだまだ活躍する事ができる年齢でした。

どうか安らかに眠ってね。サフィー号の事は皆な忘れないなら…

 

*ネットでブログや新聞記事を見て調べてから書いていますが、間違った内容を

  書いてしまっていたらすいません。そして、怒りと悲しみで泣きながら書いたので

  文章がまとまっていなくって読みにくいと思います…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

許しがたい暴言です。
たとえ裁判の場であっても、このような発言をする弁護士は、もはや弁護士である前に人間としての品格を失っています。
またその会社も経営者も社会に存在する価値すらないです。
保障とは償いきれないものを、他に方法がないので「他の形で保障させて頂く」ものです。
誰も補償など求めません。
ただ、元通りに還してくれれば良いのですから。
サフィー号を生き返らせてくれるなら、保障など誰も求めません。

この事件がテレビで放映されていたのですがその後どうなったということを知らなかったのでブログを読んで建築運送会社と弁護士にとても憤りを感じています。
 私達パピーウォーカーさんは今「犬という商品」を愛情かけて育てているのでしょうか?「商品」が飼い主さんを助けますか?「商品」が自分で意思をもって状況を判断するでしょうか?希少性がない?なんてとんでもないです!この方たちに協会にいって見学して現状を知ってほしいです!
 救いはmokkoさんのお勤めなさっている会社の上司のかたが「人間も犬も同じだよ」といってくださったことです。
 余談・・・ 思うのですが、日本は一般の犬に対しても盲導犬に対しても他の先進国よりとても厳しいです。

こんばんは。
日本という国は 先進国を気取りながら こういうことに関しては、全く遅れている不思議な国です。
どんなに家族同様のペットであっても、法律上は「器物」としてしか 扱われません。 盲導犬のような 使役犬(という言い方でいいのかしら?)であっても
大差ないのですね。
ほんとうに 腹立たしいことです。

修理、代わりのきく車椅子と盲導犬を一緒にするなんて・・・弁護人も雇われたから建設会社をかばうのは仕方ないですがひどい言い方ですね・・・サフィー号は自分を犠牲にして助けたのだと絶対思います。

読んでいて涙が出ました。 実は今まで言わなかったのですが
私のおばは全盲でした。 なので、結婚もせず 私達と一緒に暮らしていました。
小学校のころ、やはり目の不自由な方が実家に盲導犬と一緒に来られました。
目が不自由なのは痛いほどわかるのです。 その目のかわりをしてくれる
盲導犬を物扱いし、希少性が少ないなどと言う弁護士は許せません。
目をつぶって歩くと 大分歩いたつもりでも そんなに歩いていなかったり
感覚が全然違いますし、とても怖いです。 
私は おばが亡くなったとき、棺の中のおばに「今度、生まれてくるときは
目が見えるように生まれてきてね」と言いました。

momoeveさん。
交通事故を起こしておきながら
亡くなったのが「犬という商品」だから補償しない…
ユーザーさんを守るために自分の命を犠牲にしたサフィー号の事を
思うと本当に涙が止まりません。
この裁判が良い方向に向かってくれると信じています。

lovedogさん。
本当に被告側の弁護士さんは盲導犬の何を知っているのか?
どうして「商品」だなんて言えるのか…
運送会社の社員さんと弁護士さんは盲導犬協会に行って
現状を知ってほしいです。それでも「商品」って言えるますか?と聞きたいです。
「捨て犬を救う街」という本にも書いてありましたが
日本は犬や猫を命ある生き物だという事に対する理解が足りない。
と書いてありました。なので盲導犬に対する理解もまだまだなんでしょうね…

ニャンコさん。
私達の住む日本はペットブームで犬や猫を飼っている人が沢山いますよね。
でも、年間で何百万頭のペット達が捨てられ、処分されているそうです。
今はラブラドールが多いらしいです。
その理由が「こんなに大きくなると思わなかった」ですって…
犬と生活する前に何故調べないのでしょうか?
今日本で活躍している盲導犬達を理解してくれる人が1人でも増えて欲しいです。
そしてこの裁判もサフィー号の死が無駄にならない判決を期待しています。

ヒサポンさん。
確かに弁護士さんは仕事だから、会社をかばうのは仕方がないですよね。
「盲導犬を補償するなんて…」と述べながらも
本心では違う事を思っていてくれたら…と思ってしまいます。
もし、その場に人がいたら、ユーザーさんを助けるために自分の命を犠牲に
してまで守る行動が出来る人って、どれだけいるのでしょうか…

hiromicchi*さん。
叔母様はhiromicchi*さん達家族と暮らす事が出来て
とっても幸せだったのでしょうね。
私もタックと散歩している時に目をつぶって歩いてみた事があるのですが
真っ暗な中を歩くって想像以上に怖いですよね。
そんな中、盲導犬に頼って歩く事って、お互いの信頼関係がなければ
絶対無理です。そんな立派な盲導犬達がこれから安心して活躍できるような
結果になって欲しいです。

言ってる会社側は、その発言が如何に自社のイメージダウンにつながるか、考慮しないのですかね。こちらでは、すまないなんてこれっぽちも思ってない企業でも、世間体を考えて、ものすごく「受けを狙う」発言で「社会のために貢献してます」態度をとるのが一般的です。企業が抱える弁護士の質が問われますね。企業側がかんばって勝っても、社会的立場では負けるのだという計算がない。さすが、未熟な日本企業です!
大企業相手に、モラルだの、愛だの言ってみても、通じないのは北米も一緒なんですよ。でも、対応が社会にもたらす反応にとても敏感というのは、先進国だと思います。

許せません・・・涙が出ました。
この裁判の行方は絶対に最後まで見守りたいと思いました。
物扱いする弁護士や企業には本当に心があるのでしょうか?

心が痛くなります。
最初の対応が悪すぎますよ、どうして頭を下げることが出来ないのでしょう。
事故を起こした後は、保険会社との事務的な手続きになってしまい
心がその中に介入しなかったのでしょうか。
盲導犬とユーザーさんは、ペアを組んでも呼吸がピッタリ合うようになるまで
時間がかかると聞いたことがあります、本当に残念でなりません。

白熊さん。
そうですよね…最近日本という国のモラルのなさに悲しくなる時があります。
ペットに対する意識も日本は本当に低いですよね…
たぶん運送会社の人達は、「自社のマイナスイメージ」になる
って事すら考えてないと思います。情けない事ですが…

aya-pさん。
私もこの記事を読んだ時、涙が止まりませんでした。
繁殖犬ボランティアさん、PW、訓練士さん等、盲導犬に携わる
全ての人達の盲導犬に対する気持ちをよく考えて欲しいです。
裁判、早く良い方向に解決して欲しいですよね。

orkotoさん。
本当に心が痛くなります…
亡くなったのが「人」じゃなく「犬」だったから謝罪出来なかったのでしょうか?
ユーザーさんにとっては家族同然の存在で、自分の目の代わりになって
歩いてくれる大切なパートナーなのに。
サフィーのユーザーさんは新しいパートナーと暮らしているそうですが
今でもサフィーが着けていて首輪を大切に取ってあるそうです。

言葉にならにです。我が家の長女も盲導犬の本を何冊か読んでる程で、盲導犬ってすごいな~って思いから、犬好きになったほど。なので、こんな記事を知ったら、ショックだと思います。命あるものに価値は付けられないです。一つの命がその一つのものだけでは終わらない、そこにかかわる多くの人に繋がってることもっと考えないといけない気がします。
ごめんなさい、上手く言葉になりません。

葡萄色さん。
私はこの事を子供に教えたのですが、やはりショックが大きかったようです。
何でそんな事言うの?と聞かれて、返す言葉が思いつかなかったのです。
こんな酷い事を言ったのは、私と同じ大人だから…
人間だから、犬だから、ではなくて
生ある生き物は全て大切にしなくちゃいけないですよね。

プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。