スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックがこれから生きる道。

2008年5月12日

 

土曜日の夜、盲導犬協会の方から連絡が入り

タックは繁殖犬候補にはならなかったので

避妊手術やその他の処置のため、盲導犬協会に戻る事に。

 

今回は前回の適正検査の時よりも長く

2~3週間は帰って来れないとの事。この時期の3週間は長いなぁ…

 

協会の方には私の方で日にちを決めて連れて来て下さい。

と言われたのですが、考えていたら連れて行けなくなる!と思い

日曜日の午後、盲導犬協会に連れて行きました。

 


 

協会に着いてすぐ、玄関先にちびた君とナビちゃん(たぶん)がいて

*ナビちゃんはタックのおばあちゃんとの事*

大喜びのタックでしたが、大好きな訓練士さんが来ないので

だんだんと元気がなくなり…

私達が帰る時は、切なそうな顔でジーっと私の事を見続けていて…

私も帰りの車の中では、タックの事が心配で悲しくなってしまいました。

 

家に戻り、タックのいないケージを見ていると

タックを思い出してしまい、悲しくて涙が止まりませんでした。

 

今ですらこんなに悲しくって、タックの事を考えるだけで涙が止まらないのに

委託終了式の時、私はどうなってしまうのでしょう。

きちんとお別れできるのでしょうか。

 

でも、タックは盲導犬になるために生まれてきた仔

なので、タックが盲導犬の適性検査に合格し

厳しい訓練を乗り越えて

立派な盲導犬になれるように応援しなくちゃいけないのですよね。

 

これから先、タックが盲導犬になったら

盲導犬としてのお仕事を終えた後は我が家でのんびり暮らして欲しい。

そして残念ながら盲導犬になれなかったら…

やっぱり我が家に帰って来て欲しいな、と思う。

どちらにしても一緒に暮らしたいと思ってしまう私は

パピーウォーカーとしてはダメだなぁ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いた時間って短くても・・・昔から一緒にいる感覚もあったりして、ホント・・・悲しく
なっちゃうよね。
盲導犬になるためにがんばって欲しいけど、複雑な思いもあるよね。
前にTVで盲導犬のドラマやってて、たしか~椎名吉平が出てたような?
なんか~そのドラマ思い出しちゃった・・・・

う=!こっちも泣けるデ~。医師が人の死に慣れていくように、何でも2度目は楽なモンです。いきなり泣かないでお別れできるなんてありえません。それよりも、その別れに負けないでPWをつづけて欲しい!医者がいなければ患者が困るように、PW ga inaito inu mo komarushi me no fujiyuu na hitomo komaru kara.Ganbare Mokko!

qunithimさん。
タックと一緒にいる事が当たり前に感じてしまっているので…
協会に戻った後の事を考えると、最初から分かっていたはずなのに
とっても、とっても辛いのです。
タックには盲導犬になってもらいたいのですが、
盲導犬になって歩行中、心無い人に何かされたらどうしよう…とか考えたり
考えていたらキリが無いのに余計な心配をしてばかりです。

白熊さん。
そうですよね。タックは初めてのパピーなので…
1年しか暮らせないと分かって預かっているけれど、やっぱり別れる事は辛いです。
協会だよりに載っていた委託終了をしたPWさんの文で
「お別れがこんなに辛いものだとは思わなかった」
と書かれていたのですが、これは私も読んでいて涙が出てきました。
友人からは「巣立っていくタックを誇りに思って喜んで送りだしてね」と言われています

別れがつらくない人なんていないと思うよ。mokkoも辛いと思うけどタックがこれから盲導犬になれるよう応援していかなくちゃ!タックを思って今のうちにがっつり泣いておけばいいしょ!

こんにちは。
タックちゃんの写真を見ていると、チェスと重なってしまい
私まで悲しくなってきました。
手術後など協会に会いには行けないのでしょうか?

今のタックちゃんにとって一番安らげる場所はmokkoさんのお家なので、協会といえど
もタックちゃんは心細い思いをしているでしょうね。きっと。
わたしはまだまだ毎日のことが精一杯で、お別れの日のことに思いが及ぶゆとりがあまりありませんが、寝顔をみていたりすると、「ずっとこの寝顔をみることはできないんだなぁ」と思うことがあります。
今大いびきをかいて寝ているオパールですが、せっかくそれなりの資質をもって生まれてきているはずなので、やはり盲導犬になって欲しいと思います。
でもカウントダウンが始まったら・・・わたしも・・・わかりません。  オパール母

読んでて、涙が出てきちゃいました。もぅ、化粧して出掛ける所なのに、
涙がボロボロでちゃいました・・・(T_T)
気持ちが分かるから、キュンとします。

2~3週間は長いですね。  でも タックちゃんは これから
訓練を受けて盲導犬としての将来があるんですよね…
mokkoさんちに ずっと居られたら お互い どんなに幸せでしょうね。
私もmokkoさんの立場だったら お別れできないような気がします…

複雑な気持ちですね・・・盲導犬にはなってほしいけど・・・>< 悲しむよりタックちゃんとの楽しい思い出たくさん作ってください^^!笑顔のmokkoさんのことがタックちゃんは大好きだと思います^^

こんばんは。
タックちゃん、立派な盲導犬になるという立派な使命をもって生きていくのですね。
複雑な気分ではありますが、タックちゃんも、mokkoさんも 社会的に大きな貢献をしていらっしゃって とても 尊敬しています。

修了式は 新しい旅立ち・・・ 笑顔で送ってあげられるといいですね。

う、う、う(涙)・・・・・・・・・・。
わかっているけど、わかっちゃいるけど、盲導犬として活躍しなくては、返さなくてはいけないと頭ではわかっているけど、体は拒否してしまうのです。「我が家は2頭いるから別れは大丈夫」って言ってたのにもう怪しい感じになってきました。まして初めてのわんちゃんだったら、と思うと、だ、駄目だ~!こんなに悲しいということは、タックちゃんはいっぱいの愛情で育てられたってことだよね。つまり、mokkoさんはパピーウォーカーとしてバッチリということです!お互い残り少ない時間を楽しみましょうね。それしか私は言えないです(涙)

ねえさん。
そうですよね。タックの事応援してあげなくては!
委託終了式の時、泣かないでお別れする事は出来ないと思いますが
後数ヶ月間、楽しく過ごしていこうと思っています。

きっと今頃寂しくて……大丈夫かな?
ナビちゃんのことだけど、ケリーママさんに確認したらピース君はナビちゃんの子供だからタックちゃんのひいばあちゃんではなく、祖母ちゃんです。
確かピース君は子供だったはず……と昨日思ったんだけど、確認してからと思って~
ナビちゃんはいっぱいいっぱい優秀な子供を産んだから孫もいっぱいよ~
タックちゃんとシェリーは孫同士ってことだね~
ナビちゃんのHPあるのご存知?
http://www6.plala.or.jp/NAVI/
ここに我が家で撮った写真も載ってます~

aya-pさん。
パピーウォーカーを始めて、タックと暮らせて本当に幸せで
楽しくって、癒されっぱなしで…
盲導犬になって欲しいけれど、別れは辛いですよね。
タックの経過がどんな具合なのか、明日メール入れてみようと思います。
今回は手術もするので、辛い時に一緒にいてあげられない事が1番辛いです。
元気に帰って来たら、また遊んで下さいね^^

別れる事は辛いけど~、仕方がないんだ~君のため~。って歌がありましたよね~。(ちょっと古すぎ?)一時でも一緒にいると愛情が移ってしまいますよね。それがあたりまえですもんね。mokkoさんのその愛情で、タックはきっと立派な盲導犬になれますよ。愛されてる子は強いですもん。別れの日のことはその日まで考えない。そのほうが毎日楽しいですよ。考えない考えない、私も自分に言い聞かせてます。

オパール母さん。
タックを預かってすぐの頃は、あまりにも可愛くってずっと一緒にいたい!
と思っていたのですが、テレビで北海道盲導犬協会の特集や
盲導犬に関するテレビを見て、タックも盲導犬になって愛されて欲しいな。
と自分の中で心の整理が出来たと思ったら、
委託終了まで後数ヶ月なので、そろそろ別れの準備を考えて下さい
と言われて、また気持ちが揺らいでしまい…
盲導犬になって欲しいけれど、別れはとっても辛くって、もう何が何だか…です。

なな姫さん。
私も今ここに書きながら涙、涙です。
思うのですが、犬の純粋な瞳って人の心を癒してくれますよね~
私もタックの目が大好きです。
タックとの別れはとても辛いけれど、次に繋げていけるよう
後少しの間、愛情たっぷりで育てていこうと思います^^


hiromicchi*さん。
そうですよね。タックには素晴らしい将来が待っているのですよね。
タックとの別れはきっと、とてつもなく辛いと思いますが
繁殖犬ボランティアさん、我が家と続けた沢山の愛情が
ユーザーさんの所に繋がることを願って、後少しの間は我が家で
楽しい日々を過ごしていこうと思います^^

先日は思いがけずお会いできてうれしかったです。
はい、↑ナビちゃんはピース君の母犬なのでタックちゃんは孫にあたります。

先日mokkoさんが帰られた後、タックちゃん緊張と不安でちょっと寂しそうでしたが・・・つないでいた場所でたまっていたものを出して(ツーの方)すっきりしたようでした(笑)
元気に犬舎に入っていきましたよ♪
きっとひとまわり成長して帰ってきてくれることでしょう。

申し遅れましたが、チビ太は例外ということでAA体となり、『アトム』に改名しました。
まだ私も本人(犬)も慣れていませんがどうぞよろしくお願いします。

ヒサポンさん。
そうですよね。タックが帰って来た後はメソメソせず
明るく過ごして行きます♪
タックは私が泣いていると、私の側にそっときて体を寄せてくれる
そんな優しい仔なので、タックの余計な心配をかけないようにしなくては!
まずは、タックのケージの模様替えをしてみます^^

ニャンコさん。
今回は皆さんの心温まるコメントに1つずつ返事を書いていたら…
非常に読みにくくなってしまいました^^;
タックの事は心配でたまらなかったのですが、どうやら元気にしているようで、
安心しました。たぶん心配なのは私だけなのかもしれません。
タックとの別れは涙、涙ですが…その後は頑張って欲しいです!

lovedogさん。
別れがある事は分かっていて暮らし始めたけれど
分かっていても考えるだけで辛いですよね。
縁があって預かったタックですが、とても良い仔(親バカですが)なので
盲導犬になって欲しいし、その他別の形でも良いので
人の役にたつ犬になって欲しいです。
パピーと過ごせる後数ヶ月、いっぱいお互いのパピー自慢しましょうね♪

マール母さん。
ナビちゃん、タックのおばあちゃんでしたね^^;
私の聞き間違いでした。ごめんなさいナビちゃん!
ナビちゃんのHP見てきました!以前講習会で会ってタックに似てる~
と思っていたヨーダちゃんがいたので、やっぱり血が繋がっていたようです。

タックが帰ってしまい、かなり落ち込んでいた私ですが
皆さんからのコメントで、かなり元気になってきました。
今は帰ってくる日が待ち遠しいです^^いっぱいハグしたいです♪

葡萄色さん。
♪仕方がないんだ君のため♪
その通りですよね。タックには頑張ってもらいたいです。
盲導犬になって、ユーザーさんと一緒に楽しく過ごす事が出来たら
私もとっても幸せな気持ちになれると思います。
でも、別れが近づいてきたら、またネガティブな事を書いて一人落ち込むかと…
申し訳ありませんが、また励まして下さい^^宜しくお願いします!

ケリーままさん。
タックの様子を教えていただいてありがとうございます。
とても安心しました^^協会に行くといつも元気一杯のタックですが
今回は大好きな担当訓練士さんがいなくて、少しブルーだったようです
(いちおうHさんも担当ですが^^;)

ナビちゃんには大変失礼な事を書いてしまいました。
同じ女性には敏感な内容ですよね^^;

ちびた君、アトム君になったのですね~
アトム君はいつ見ても超イケメンですよね♪
今月は参加できませんが、また講習会でお会いできるといいですね^^

mokkoさんが帰られた後、大好きな訓練士さん(Nさんですよね?)の登場にタックちゃんテンション↑のようでしたよ♪シッポぶんぶんでした。
安心してくださいね~
タックちゃん、アトムのおっきい顔と違って、小顔のとってもかわいい女の子ですね!

ケリーままさん。
そうです♪タックはNさんが大好きなのです^^
Nさんが来てくれたのなら、全く心配ないです。良かった~
いろいろと教えて頂いてありがとうございました^^

タック…可愛いですか?そう言われると、とても嬉しいです♪
小さい頃はあんまり可愛くなかったのですが
最近は親の欲目で、可愛くなったな~と思っています^^;

私にはパピーウォーカーは出来ません。
だからmokkoさんを応援してます!!
パピーウォーカーさんがいなければ盲導犬はそだたない!
立派ですよ!!!

こんにちは!
mokkoさんがタックちゃんに盲導犬になって欲しいという
思いがあれば大丈夫よ
残りの時間を楽しみましょうね
訓練は楽しそうですよ、訓練犬は訓練士さんの方しか見ていないもの
しっぽブンブン振ってね

アポママさん。
別れはとっても辛いけれど…別れたくないけれど…
次の家庭につなげるようにしなくてはいけないのですよね。
9月の別れの時に、後でこれもしてあげればよかった!と、後悔したいよう
残り少ない時間、楽しく過ごして行きます。



orkotoさん。
繁殖犬ボランティアさんから預かって、大切に育ててきたタックには
厳しい訓練をクリアして、立派な盲導犬になって欲しいです。
辛い、辛い別れの後、盲導犬候補に選ばれて
訓練の様子を見る事が出来るといいなぁ。
大変だと思うけれど、タックには頑張って欲しいと思っています。

いて当たり前がいなくなるのは悲しいこと極まりないね。
こんなに愛されてタックは日本一の幸せ者(犬?)です。

コージJAPNさん。
そうなんですよ…昨日協会の方から6月にならないと帰れないです
と言われてしまい…今でこんなに淋しいのですから
9月のお別れの時は、わかっていても辛いです。
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。