スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のしつけ講習会

2008年7月17日

 

協会で毎月行われる、自由参加のしつけ講習会に

またまた午前中仕事を休んで(サボって)参加してきました。

 

今回は私が行った中で最小人数の5匹と5人

美人姉妹のことちゃん、カレンちゃんと、黒ラブのリーベちゃん

そして今回唯一のオス犬チェス君とタックの5匹が参加。

 

美人姉妹のPW、カレンママさんは何度か講習会で会った事があるのですが

ことママさんはオープンデーで挨拶して程度

なので、ことママさんとことちゃんに会えて嬉しかったです♪

黒ラブリーベちゃんも優しいリーベパパさんと参加で楽しそうでした。

タックのお兄ちゃんチェス君もチェスママさんもいつも一緒に行ってくれて

ありがとうございます♪

 

さて、さて、今回の講習会ですが

外面が超悪いタック…

玄関にいる時は、みんなが元気に遊んでいる中に入らず

協会の方の後ろに隠れて、いつもの小心者ぶりを発揮していたのですが

講習会をする会場に入ったとたん

性格が豹変し、講習会が始まってもチェス君にしかけていくし

この日は私だけじゃなく、他のPWさんの事も噛みまくり><

タックに噛み噛みされた皆さん、この場を借りてあやまらせて下さい

「本当にすいませんでした><」

 

家庭訪問で褒められたばかりなのに…

タックは何故、家の中での良い仔とは間逆の

強烈な噛み噛み魔に変身しちゃうのでしょうか。母は悩むよ…

 

       
              指示と反対の方向に歩くタック。目つきが悪っ!

       

              ダメダメな妹を見て、T体の評価が下がらないよう

              チェス兄ちゃん、頑張ってくれました!きちんと指示に従っています^^

 

今回も自分のパピー以外のパピーと歩行訓練をしたのですが

タックはここでも噛むし、指示は聞かないし…

写真は載せませんが、思いっきり視線を外して知らん顔もしていました。

タック~こんなんじゃ盲導犬への道は厳しいよ。

 

家に戻って、家族に「強烈噛み噛み娘」だったって事と

講習会の最中に噛んで所々切れているリードを見せたら

何でそんな態度を…とびっくりしていました。

タックは家の中では、甘え上手の良い仔なので

外での悪態を見ていない、父と母は、タックの様子が想像できないようです。

 


              今回唯一褒められた「待て」でもこれしか出来なかった(笑)

 

そんなダメ仔ちゃんと家に帰って、

お友達から頂いた「さくらんぼ」を仲良く食べました♪

 

 


 

8月は自由参加の講習会は行われないみたいなので

こうやって月齢も体も違うパピーちゃん達との

楽しいしつけ教室に参加できるのも、これが最後かな。

タックとの色んな事が「最後」になってきて、とっても寂しいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

だめならだめでもっこ家の犬になればいいじゃ~ん!とひそかに盲導犬から救いたい白熊であります(爆笑)。いいのいいの、向いてないなら向いてないで他の生き方があるってことよ?ね~タックちゃん♪

こんなこと書いたら不謹慎かな・・・私もタックちゃんはこのままずっとmokkoさん家で暮らしたほうがいいのかな~なんて^^それを分かっていて講習の時に噛み噛み娘になってたりして^^盲導犬になるために一生懸命育てたmokkoさん気分悪くなされたらごめんなさい!

タックちゃんは、mokkoママと離れたくなくて
反抗期なのかしら・・・?

タックちゃん お家ではいい子なのに~~ と 思ってしまいますよね。
「お家でいい子」 の分 「お外で気まま」 なんですよ・・きっと。
うちの娘たちは 小学校の担任の先生から そういわれました~~ ^_^; 
娘たちは タックちゃんと逆で、 「お外でいい子」・・・ 「うちで悪い子」
担任の先生曰く 「どっちかですよ~ どっちでもいい子 なんて 疲れちゃうでしょ?」
だそうです。
タックちゃんも 「飼い主さんだけに 忠実な盲導犬」 になれば良いんです!!
って こんな理屈は 通用しないのかな~~? (~_~;)

タックちゃんも、なにか感じて ちょっと ストレス気味?なのかもしれませんね。

まだまだシツケがいがあっていいじゃない~!

昨日はお疲れ様でした。本当にこれで協会で行っている講習会が最後ですよね。本当に寂しいです。先月の講習会は川に行ってたのでお休みしたのですが、今回はとっても人数が少なくてびっくりしました。でも、今回、今までたくさん参加した人たちが集まった感じで嬉しかったです。初めてのことちゃんもいたし。(ずーっと誘っていたのですが、今回は一緒に参加してくれました)

ワンちゃん達は、協会にくると家にいるときとかなり違いますよね。カレンは、実は散歩の時、引っ張る、引っ張る、水上スキーみたいに私は引っ張られています(笑)。協会でのとぼとぼ姿は家族は信じてくれません。そしてワンと遊ぶ時はかなり吠えるし。ソファにも乗ってるし。きゃー!
悩むことはいっぱいです。でも、カレンはとっても可愛いです。そして、何か理由があってこうしたんだろうね、と勝手に解釈して、だからカレンはおりこうさんという図になるのです。そして、協会に戻ったらベテランの訓練士さんが指導してくれると思うと心配がなくなりました。それまでは、ひとつひとついろんなことを悩んで盲導犬になれないと思いました。訓練士さんにお任せしましょ。タックちゃんは大丈夫!mokkoさんも悩まないで。きっと私の太ももが美味しいそうにみえたんでしょうね(笑)。

mokkoさんのタックちゃんへのいろいろな思いや葛藤が伝わってきます。。
 私は盲導犬を育てるにあたってのPWさんや周囲の皆さんの大変さは実際経験したことはありませんが・・
 mokkoさんの思いは切々と伝わってきます・・!うまく言い表せない自分が歯がゆいばかりですですが・・。

白熊さん。
あまり期待せずに…タックの犬生には何通りかの選択肢があるので。
タックの性格から考えると、常に一緒にいられる環境の人がいいと思うので
私の思いはちょっと置いておいて、タックにとってベストな環境で
暮らす事が出来れば良いかな。と、思っています(今日はですが^^;)

ヒサポンさん。
いえいえ…タックを預り、一緒に暮らし始めてから
タックの全てが可愛くって、協会に帰ってしまうのは嫌だ!って
委託間際の今でもまだ思う事がありますよ^^
前の犬を亡くしてから、また犬と一緒に生活できるなんて事は
無いと思っていたので(しまも室内で)
タックとの生活は、毎日楽しい事ばかりです。
甘噛みが直らなくて困ったな…と思っても、タックを見ていると
それ以上の幸せを感じる事が出来ているので。
タックとは一度お別れするけれど、いつかまた一緒に暮らせる日が来る!
と思っています^^でも明日にはまた気が変わっているかもしれませんが^^;


v-涼ーvさん。
何故なのでしょうか…あの場所はタックを興奮させる
何かがあるのでしょうか^^;
協会でも内気な場所と噛み魔になる場所があるのです。不思議。

コ~ジJAPANさん。
後1ヶ月ちょい、躾に励みます!
と書きながらも私、大甘なパピーウォーカーなので^^;
でも、家ではおとなしい仔なんですよね~何故かしら。

lovedogさん。
昨日は大変お騒がせしました><
家に戻ったタックは、いつものおとなしいタックに戻りました。
カレンちゃん、あんなに良い仔で羨ましい!と思っていたのに
普段は水上スキーですか?ちょっと安心したりして^^;
タックは協会の方達が大好きで、協会に行くと嬉しくってフンフン言います。
なのでお別れの時も、尻尾を振って犬舎に入っていくと思います。
どうか無事訓練に入って、訓練士さんと充実した日々を送って欲しい。かな…
でも、この1年弱、パピーとの楽しい時間を過ごせた事に感謝して
タックの事、送りだしてあげなくちゃいけないのですよね。
でもパピーとの生活って、本当にとーっても楽しくて、幸せですよね^^

♪みゆきさん。
私はタックを預かる数ヶ月前まで、パピーウォーカーはもちろん
盲導犬に係るいろいろなボランティアの存在も知りませんでした。
偶然見たニュースで知り、協会に電話を入れ、家庭訪問などがあり
去年の9月から暮らし始め、今に至っています。
タックの事は可愛くて、可愛くて、どうしようもないくらい可愛いのですが
盲導犬を待っている沢山の方の気持ちを考えると…
タックとお別れしてから、今以上に色々な事を思い、考えるのかも…

ニャンコさん。
そうですよね~タックはとにかく人が大好きなので
盲導犬になったら、ユーザーさんと楽しく歩いてくれると思います。
と、そんなタックの姿を想像しては涙している私。
今はタックの何を思っても泣けてくる、困った私です。
講習会では、私の緊張と出来るかな?と心配する私の気持ちが
タックに伝わってしまうのかも…と今になって思ったり。
これから秋までは、体重管理に注意し、後は楽しく過ごしていこうかと
そんな風に思っています。それでいいですよね^^

タック頑張ッ?
待てしてるタック、めちゃカワイイよ?
立派な盲導犬になるんだぞ"^_^"

いろんな事が又思い出になりますね^^
それがすごく分かるし、自分の事のように涙が出ます。。。


タックちゃん、外面が悪いんだ・・・どうしてだろうね?何かあるのかなぁ~
やっぱりmokkoさんのオウチの方がしっくりくるのかしら・・・
ウチのは外面良すぎて(-`ω´-;Aフキフキ 飼い主には、めいいっぱい甘噛するくせに
お客さんだとまったくしないのwwこの方がいいのだろうけどね~

なな姫さん。
タック~講習会の時だけは、全然頑張ってくれません^^;
でも、性格は良い仔だと思うので(親ばかですが)
盲導犬になったら、可愛がってもらえるし、楽しく過ごせるかな?と^^
盲導犬のたまご達は、沢山の人達に愛されて幸せな仔達だと
最近は本当にそう感じます。私も次の方にこの幸せをつないで行かなくちゃ!

qunithimさん。
タックの外面の悪さは凄いです。
育て方が悪かったのか、性格なのか…とても悩みますが。
きっとタックなりの思いがあるのでしょうが、私には分からず…
ラッキーちゃんのような可愛い性格だったら良かったです。
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。