スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な贈り物。

2008年10月10日

 

昨日の午後、我が家にとっても素敵な贈り物が届きました♪

その贈りものとは

 


 

委託終了式に撮ってくれたタックとの記念写真を

タックのパパ、ママ、きょうだいの名前、誕生日等を書いた

記念のフレームです。

 

 

写真を頂ける事は知っていましたが、

こんな素敵な形で贈って頂けるとは思っていなかったので

これを見た時は、とーっても嬉しかったです。

 

この他にも委託式の時の写真と、

きょうだい7匹&パピーウォーカーの集合写真も送って頂いて

タックと過ごした楽しい時間を思い出し…またも泣いてしまいました(苦笑)

 

繁殖犬ボランティアさんから頂いた赤ちゃんの頃のタックの写真

我が家で暮らしている間に撮った写真

そして、今回盲導犬協会から頂いた委託式と委託終了式の写真

タックとの沢山の思い出と写真は

私の大切な大切な宝物

12月に届く予定の訓練中のタックの写真が届いたら

タックとの思い出をアルバムにまとめよう♪

 

 

 

 

 

実は…我が家では、タックが訓練に入った事もあり、

パピーウォーカーが不足していると今年もテレビで放映された事から

協会に電話を入れ、パピーウォーカーを再度申し込んだのですが

テレビの反響がとても大きかったようで

今年度のパピーウォーカーさんは足りているとの事。

我が家が次にパピーウォーカーをするのは早くて来年の春以降になるそうです。

であれば、犬のいない生活に家族全員寂しさを感じていた事もあり

ワンコの里親になろう!と話していた矢先

今まで不自由なく元気に生活していた母の体調が悪くなり…

犬のお世話どころか、自分の事も自由に出来ない状態になってしまいました。

なので「元気になってパピーウォーカーや里親になる!」を目標に

今は治療に専念してもらいたいと思っています。

でもね~母はもう60代後半なので、病院で診てもらっても

痛みも含め症状の全てが

「加齢による症状だから…」で済まされてしまうのですよね。

そういわれてしまうと本人も落ち込むし…

私もどう励ませば良いのか分からず悩むし…

今まで真剣に考えた事は無かったけれど

これからは両親の介護に関して、きちんと考えなくては!と思いました。

*途中から重い内容になってしまって(汗)すいません><

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なフレームですね♪
でもやっぱりその時々で思い出してしまわれますね・・・。
お母様大変ですね。
我家の義母も病院通いですが、老いは必ずやって来るものです。
今の日本では老いることをすごく大きな問題の様に捉えがちですが、それはとても自然なことです。
あまりネガティブに考えてしまわないで自然に受け止めていけたらいいですよね。

mokkoさんこんばんは。
とっても素敵なフレームですね~。
素敵な思い出をいつまでも・・・。

お母様のこと 私も他人事ではないです。
私のところは 母は70代後半・・・私は たぶんmokkoさんより 10歳くらい年上・・・
そして 私は難病患者で 母娘で身体障害者 という家庭ですよ・・。
確かに 母の介護のこと 考えれば気が重いですが、考えてもしかたなし!!
今を楽しく!! という極楽とんぼ です。
これじゃあ いけないんだろうな~~(^^ゞ

立派な記念フレームですね~
タックちゃん素敵ですよ~^^
話変わりますが、実は得意先に1週間ほど前に
♀の3才位のワンコが貰われてきました。
得意先の息子さんの知り合いが飼っていたそうなんですけど
もういらない・・・との事で引き取ったらしいのです。
そのワンコは、虐待を受けていたのか、あちこちに傷があり
ひげも切られ、人を見るとオドオドして近づきません。
昨日位から、おいで~って言ったら、私にはなぜさせてくれるようになりました。
タックちゃんの様に、大切に育ててもらったワンコもいれば
虐待されて捨てられるワンコもいると思うとやるせない気持ちになる今日この頃です。

すてきな贈り物ですね。
心にも形にもタックの思い出を集めよう!

こちらのタックちゃんのフレームは一生物ですね♪♪
 タックちゃんの生い立ちや経歴がすぐに分かってとっても輝いてみえます☆○o*:;
 お母様のご容態・・心配です
 我が家は主人と私の両親もそれぞれいろいろ病をかかえながらも まだ介護にはいたっておりません。。。でもいずれやってくる「介護」という問題にそろそろ本当にきちんと考えなければ・・と思っていたところです。
 
 お母様の容態が少しでもよくなり、ワンコがいる生活が早くできるようになるといいですね
  

素敵ですね!アルバムも楽しみですね~^^お母様はタックちゃんが協会に戻って気が抜けてしまったのでしょうか・・・?私の両親も60後半なので人事ではないですよ!頑張りすぎると介護者のほうが精神的に不安定になってしまいますからね^^mokkoさんも息抜きをして下さいね!

こんなステキな贈り物してもらったら感激しちゃう。12月にも、写真が届くんだ~
訓練中のタックちゃん、がんばってるかな~・・・
パピーウォーカーのこと、TVでの影響ってホントに大きかったんだね。
でも足りなかった問題が今年は解消されてよかった♪

ウチも親は、加齢による症状って言われること多いの。
お母さんが目がおかしいと言って連れて行ったら、そう言われちゃって・・・
そのあと、また変だったから連れて行ったら、先生が変わってて、ちゃんと
病名も教えてくれたり。1回目と症状は違うにしても、やっぱり先生が患者さん
のことを考えてるかって、なんか伝わってきちゃったもの。
mokkoさんのお母様、早く体調がよくなるといいね。

これは記念になるねえ。でも、英語の表現が変。間違っちゃいないんですが、 of, ofとつながるのは普通?となり、Certification of Guide Dog Puppy Walkerとするほうが自然です。チャンスがあったら教えてあげてね。
お母さんいきなり来ちゃいましたね。年には逆らえないといいますが、それを見る子供(私たち)もつらいですね。うちの母も78、歩き方が老人になってきました。かかとがあがらないでズルズルあるくので、それじゃつまずくよと歩き方指導(笑)。おかあさんが大事に至らないようにお祈りしていますよ。

素敵な贈り物が届きましたねぇ?
奈々まで嬉しくなっちゃいました(^_-)
タック~~~???

お母様お体大変ですね(T_T)
介護あちらこちらとガタが出てくる歳ですものね・・・
ウチの父も一見元気ですが
あちこちガタが来ています・・・
痛いとか言われても
何もしてあげられない自分が情けなくも感じてしまいますよね・・・
少しづつでも回復して行く事を
心より願っておりますГ○

本当に素敵な贈り物が届きましたね。パピーちゃんたちがいなくなってから届くこの贈り物は、いっぱ~いの思い出がまた蘇って涙です。
「里親」ですか・・。偉い!そういうことも考えていたなんて、mokkoさんはすごい!
私の父もかなりガタがきているのですがうちのサンが我が家のセラピー犬として活躍してます。早くわんちゃんが迎えられるよう、お母様がお元気になるといいですね。

momoeveさん。
本当に素敵なフレームが届き、嬉しかったです♪
母ですが、そうなのですよね…
老いは避けて通れないものですよね。
これからは、あまり無理せず、のんびり暮らしていけるよう
私もサポートしていこうと思います。ありがとうございます^^

ニャンコさん。
とっても素敵なフレームで♪私の宝物です^^
今回の事は母がもう「おばあちゃん」になっていた事に気付かず
家の事で無理させていたからだなぁ…と、今頃反省している私です。
私達兄妹の場合、母の介護は問題ないと思うのですが
父の介護が…お正月は兄妹会議の予定です^^;

v-涼ーvさん。
また1つ、タックの宝物が増えました♪嬉しいです^^

犬の虐待…
本で読んだのですが、日本国内で捨てられる犬や猫の数は
毎日数百頭だそうです。
こんなに吠えると思わなかった。こんなに大きくなると思わなかった。
トイレをするのが嫌だから水も食事も1日1回しか与えず衰弱させてしまった…
全て人間の身勝手な理由で殺傷処分される犬は猫達。酷い話しです。
涼さんの事務所で保護された犬は、殺傷処分されずに済んだので
幸せなのかもしれません。
早く心の傷が癒え、幸せに暮らせますように。

コ~ジJAPANさん。
ホント、とっても素敵な贈り物を頂きました。
パピーウォーカーを始めて良かった!
と、何度も何度も思うくらいです♪これも全てタックのおかげですね^^

♪みゆきさん。
協会の職員さん達は、日々お忙しいと思うのに
こんな事までしていただいて…本当に嬉しいです^^
母は、父が何にもしない人なので、
今まで何十年も家の事をしていたので、体が疲れきってしまったのかも…
これからは、私達がフォローするので、しばらくゆっくりして欲しいです。

ヒサポンさん。
素敵ですよね~♪毎日見ながら、タックの事を思っています^^
母もタックがいなくなってなんだか気が抜けてしまったのも
あるのかもしれません。
でも、しばらくは無理させないで、ゆっくりしてもらいます^^

qunithimさん。
そうなのですよ~このまま順調に訓練が進めば
ハーネスを着けて訓練しているタックの写真を送って頂けるのです。
楽しみですが、写真を見たら泣いちゃうかとTiiT
「加齢」確かに加齢なのかもしれませんが
何でも加齢で済まされてしまうのも…どうかと思いますよね。
母はこの間病院で「加齢だから仕方ない」と言われ
薬も無しです。年に関係なく、症状が改善されないって辛いですよね。
今は、どうにもならない症状の時だけ、
前もって医者の従姉弟に連絡をして病院を紹介してもらっています。

白熊さん。
ofの件は、協会に行くか電話をする機会のあるときに
パピー担当の方に伝えておきます!ありがとうございます^^
母、本当に急にきちゃいました。
でもよく考えたら、前から少しづつ辛かったのかな?
今は私と子供で母のフォローをしています。
これからは老いと上手く付き合っていくしかないですよね。

なな姫さん。
そうなのですよ~♪嬉しいプレゼントですよね^^
毎日眺めては幸せ気分です♪
母…本当に働き者なので、体が悲鳴を上げてしまったのかも。
でも私や子供がいる時間はいいのですが、
父と2人の時間にこき使われているので、治るのにも
時間がかかるかもしれません…

lovedogさん。
普通に写真だけ送られてくるかと思っていたので
これを見た時は、感動&涙でした。
パピーの時の担当訓練士さんから
「お利口タックちゃんは犬舎でも元気にしているので安心して下さい」
と書かれたメモが入っていて…もちろん号泣でした^^:
「里親」は、ここのブログの方に感銘を受け、始めよう!と思ったのですが
母の状態しだいでは、やはり期間の決まっているPWしか
出来ないかもしれません。とっても残念です。
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。