スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックの訓練見学。

2009年3月14日

 

土曜日の午後、タックの訓練見学に

久々に盲導犬協会に行ってきました。

 

盲導犬の訓練を受けている期間

パピーウォーカーは訓練犬と会う事が出来ないのですが

盲導犬協会では、遠くからやガラス越しに

自分が育て、訓練に入ったパピーの様子を見せて貰う事が出来ます。

 

今回は、ケリーままさん

(タックと同じ訓練士さんに訓練されているアトム君のPWさん)

が、偶然同じ日に訓練見学ということで

早く協会に来てくださり、近くに行けない私のために

タックの様子をビデオ撮影してくれました。

本当に感謝感謝です。ありがとうございます。

 

協会に着いて、タックの担当訓練士さんから

タックの様子を教えて貰いました。

 

タックは我が家にいた頃と同じく

今もとっても臆病だそうで…

地下鉄訓練の時も常に緊張しているらしく。

大きな音も相変わらず苦手だそうです。

なので、この後タックが盲導犬になれるかは

タック次第。

タックが自分で臆病を克服しなくてはいけないそうです。

 


協会の食堂からガラス越しに見えたタック。カメラ目線?気のせい?

 


ハーネスを着けているところ。タックの緊張が、ガラス越しにも伝わってくる(涙)

 

この後、ハーネスを着けて、一般道を歩行

私は10~12m離れて、といわれていたのですが

もっと離れて着いて行く事に。

遠くからでもタックの緊張している様子が分かって

感動するよりも、心配で心配でたまりませんでした。

 

 


 


 

歩行訓練の途中

歩道を渡るために止まっていたタックが

突然私の方を見た気が…

慌てて隠れたのですが、気のせい?と思い覗いてみると

また、私の方を見たような気が。

でも遠かったし、気のせいだと思っていたのですが

協会に帰った後、訓練士さんから

「タック気付きましたねー」と。

タックは外にいるとき、緊張して常にアンテナをはっているそうで

私が歩いた道を、戻る時に匂いでも気付き

タックにしては珍しく、匂いとりもしたそうです。

 

なんだか。

この日をとても楽しみにしていたのですが

緊張して歩いているタックを見て

タック。盲導犬は無理なんじゃないかと思ってしまったし

訓練の様子を見たら、感動して泣いてしまうかも!

と、行く前は思っていたのですが…

感動する前に、タックの様子がすごく心配で。

 

今回はとりあえず訓練を継続し

来月最終的な結果がでるそうです。

 

大きな音や声も苦手だから

ユーザーさんは女性を。と訓練士さんは言ってましたが

タックのマッチングで合う女性って

たぶん私なんじゃないかと…

 

また来月、ご報告します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タックちゃん、臆病なのを克服しないといけないのね・・・
ウチの旦那のお姉ちゃんとこの、レトリバーも臆病で。屋根から雪が落ちると
スミッコに行って丸まってたりするみたい。
克服って、人間でも大変だもの。タックちゃん、大丈夫かな?
mokkoさんに気が付いたタックちゃんの様子を読んでるだけで、ウルウルしちゃう。
来月、結果が出るんですね。なんか、ドキドキ・・・
来月が早く来て欲しいような、来て欲しくないような。

感動より 心配・・そうですね そうなりますよね。
動物のカン というのは ものすごいですよ。
タックちゃん mokkoさんが近くにいること すぐに気がついたと思いますよ。
たぶん 1枚目の写真で。
臆病を克服ですか。 早く結果が出てほしいような 欲しくないような。
盲導犬になってほしいような 無理してほしくないような・・・ 複雑ですね。

qunithimさん。
臆病ってなかなか直るものじゃないですよね。
タックは小さい頃から本当に臆病な性格だったので
よくここまで頑張っているなーと思っています。
たぶん、このままだと来月には我が家に帰って来る…かなぁ。

ニャンコさん。
そうなのですよ。
タックの緊張している様子を実際に見てしまうと
もう心配で心配で…
タック。気づいたのでしょうかね…
家族は私の話しを聞いて、帰ってくると喜んでいますが
私はやっぱり複雑です。

タックちゃん、大きくなりましたね・・・
写真を見たとたん私がなんで泣いてしまうのか・・・がんばってますね。
でもさすがタックちゃん、気づいたんですね。
しっぽは振って歩いているように見えるのですが、どうかな?
早くチェスにも会いたいけどやっぱり緊張しそうですね。

久しぶりのタック・・・やっぱり盲導犬訓練は大変なんですね。
その訓練を毎日こなしていくタック・・・偉いですね。
やっぱり気付きましたか♪
そりゃそうですよね・・・きっと一番合いたい人の匂いだから。
切なくて少し泣けました・・・

( ´△`)アァ-もらい泣き・・・
手を伸ばせば届きそうな気持ち
がんばってるね・・・って、なぜながら褒めてやりたい気持ち
逢いたい気持ちを抑えるなんて、私には無理かも・・・

やっぱり近くであえないのですね・・・
厳しい訓練のタックちゃん、mokkoさんの久々の懐かしい匂いでうれしかったでしょうね!
せつないですね・・・

タックちゃん、訓練所でがんばっていますね。
でも緊張が続いていたりするとタックちゃん自身が疲れてしまいそうで
心配ですね。 ワンちゃんは嗅覚が優れていますから
mokkoさんに気づいたでしょうね。 mokkoさんに飛びつきたかったかも
しれませんね。

aya-pさん。
大きくなったかな?相変わらず細かったけれど
ハーネスを着けると大きく見えるかも^^
見学の時は、私も緊張していたので泣く余裕もなく
こうやって写真を見ていると…泣けてきます。
しっぽ!振っていますよねー私もびっくりしました。
今のタックには訓練士さんが1番大好きな人なんだと思います。
チェス君の凛々しい姿も早くみたいですね^^

momoeveさん。
訓練は時に厳しく、時に優しくなのでしょうが…
ここまで立派に育ててくれた訓練士さんには感謝です。
ただ、臆病な性格は変わらずのようなので
それがとても心配です。
私の匂いに気付いてくれた…嬉しかったけれど、少し辛いです。

v-涼ーvさん。
そうなのですよ。私の家族は(特に息子が)
タックの姿を見たら、連れて帰る!と言い出すと思ったので
今回は一人で行ってきました。
私の予想だとたぶんキャリアチェンジになると思うので
家に帰ってきたら、思う存分「よしよし♪」します^^

ヒサポンさん。
距離を置いてこっそりと見学してきました。
信号待ちで訓練士さんにぴったり寄り添っているタックの姿を見て
あーもう1番は私じゃないんだなぁ…と少し寂しかったです。
でも嬉しかったり、心配だったり…
自分でも気持ちが分からなくなりました^^;

hiromicchi*さん。
訓練士さんの話しだと、タックは今の環境に
すっかり慣れているらしいです。
それでもやっぱり心配なのですが…
盲導犬は本当に優秀な犬しかなれないので
タックには無理かなと…どうなることやら。まだまだ心配です。

パピーウォーカーをしている人のブログは初めて見ました。▼^・^▼wワン!
TVでは見た事があったけど、少しでも関わってきたワンコだから、心配になりますよね。あっ、ランダムで歩いていました。

masa117さん。
初めまして。コメントありがとうございます^^
たった1年ですが、一緒に暮らしたパピーちゃんは
その後離れて暮らす事になってもいつまでも家族なのですよ。
結果が出るまであと少し、心配です。

面と向かっての面会より胸が痛くなってしまいますね。
とっても切なくて、けな気で・・・。
北海道はまだこんなに雪が残っているんですね。
偉いよ、タックちゃん!
タックちゃんが一番幸せになれる道に早く決まるといいね。   オパール母

ん~私まで緊張しちゃいました。
タックちゃんのハーネス姿の凛々しいこと!
気づいてしまうってことがあるのですね。
忘れもしないmokkoの匂いがしたのですから仕方ないですよね!
すごい!タックちゃん!
盲導犬になるまであと一歩!
頑張れ!タックちゃん!

オパール母さん。
委託終了後にこの訓練見学がなければ
もしかしたら10年以上会えないかもしれないので…
この先どうなるかまだまだ分かりませんがタックの姿を見れて
頑張っている姿を見る事が出来て良かったです。
タックの道は…どうなるのでしょう。
北海道は今年、例年に比べて雪が全然少ないのですよー^^;

lovedogさん。
パピーだった頃のタックのあの性格を考えると
ここまで立派になって!と思います。ハーネス王子は流石です!
私のにおい…どんだけ強烈だったのでしょうか(苦笑)
それか私が知らず知らずに「気づけーっ!」オーラー全開だったか^^;
カレンちゃんは今日が予定日ですね。頑張って!
みんなパピーを卒業し、しっかりと自分の道を歩んでいるのですね。

そっか~、見に行ってきたんですね。
幼稚園や学校にいる子供たちがうまくやっていけるのか、遠くから見てる時の心境と似てるのかな?
心配でたまらないですよね。
でも、信じて待ちましょう、立派な盲導犬になったタックの姿を想像して。

葡萄色さん。
そうなんですよー。見つからないように見てきましたが
体が大きすぎて見つかってしまったかも…でした^^;
見学をした日よりも、日が経つに連れ
タックとの事が思い出され。少し寂しい日々を過ごしています。
でも応援しなくては!タックが盲導犬になる日が来るように。
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。