スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館のない村

つい先日、ネットで
「図書館のない村に不要になった絵本を寄付」
という記事を読み、
我が家にも、もう読まないであろう絵本があった!と思い
早速、福島県にある飯館村の教育委員会に絵本を送りました。

飯館村は、人口が6200人の小さな村で
今まで村に図書館がなかったそうです。
そこで図書館を開設するために
不要になった絵本を寄付してくれませんか?
と呼びかけていたそうです。

私は字が読めない頃は、毎日寝る前に母を絵本を読んでくれ
字が読めるようになってからは、様々な絵本や児童書を
その都度、両親が買ってくれたので、
小さい頃から本を読む事が大好きでした。

小さい頃にとっても大好きだった絵本はボロボロになっているけれど
今でも大切にとってあるし
初めて自分で選んで買ってもらった児童書を
読んだ時の感動は今でも覚えています。

残念ながら、私の息子は読書が好きじゃない子供に育ちましたが
(漫画と攻略本は読みますが…)
絵本を読む事ってとっても良い事だと思うので
飯館村の子供達が沢山の絵本を読み、
その中から自分の大切な1冊を見つけて欲しい
そう思って、今回私も絵本を送らせてもらったのです。

そして後日、飯館村の教育委員会から私宛に
お礼のお手紙と村の紹介パンフレットと、切手シートが
送られてきました。

DSC01663.jpg

いつか、飯館村の図書館に私も行き
楽しそうに絵本を読む子供達の顔を見てみたいなぁ。

ちなみに。
私の宝物でもある大切な絵本は
ヤシマ・タロウさんの「あまがさ」

DSC01671.jpg

なんともいえない変わった絵で、全体的に暗い感じがするのですが
小さい頃からとても気に入って読んでいたそうです。
そして
初めて自分で選んだ児童書は
松谷みよこさんの「ふたりのイーダ」
これも内容はちょっと怖いかも。。。。

私が今好んで読む小説は
この頃からの影響を受けているかもしれないなぁ…

ね。つぼみそう思わない?

コピー ~ DSC01380
            「???わかんないなぁ。。。」
スポンサーサイト
プロフィール

mokko

Author:mokko
盲導犬協会のボランティアを
しているmokoです。
1頭目のタックは
盲導犬デビューし
今は東北で暮らしています。
2頭目のつぼみは
キャリアチェンジになり
ドックランの看板娘として
毎日楽しく暮らしています。
3頭目の繁殖犬ヒフミは
4歳の誕生日の少し前に
我が家にやってきましたが
病気に罹り手術をし
今現在治療中です。

スクラップブッキングや
読書、海外ドラマ鑑賞など
基本インドアな生活が好き。

そんな私ですが
犬達のおかげでここ数年は
外に出る事も多くなりました♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。